外壁工事・その他

屋根

当社は、屋根工事、外壁工事、雨樋工事の専門店です。
住まいの外装工事ならお任せ下さい!!
雨漏り修理から屋根の点検、雨樋の掃除まで・・・
どんな小さな工事でも承ります。

屋根診断 無料
サイトマップ/外部リンク 銅板工芸 ブログ メール・フォームでお問い合わせ FAX用紙に書いて、ご相談ください。045-824-4621

施工事例 外壁工事・その他屋根工事三角形

窯業系サイディング三角形 窯業系サイディング2三角形 金属系サイディング三角形 コーキング打ち替え三角形 板金工事三角形

窯業系サイディング工事(新築)NEW

窯業系サイディングのケイミュー(株)のパワーコート材を使用。
一般的な特徴として、窯業系サイディング材は外部からの火に強い性質を持っています。
※外壁単体の工事ではなく、屋根・雨樋も同時に工事しています。


1 施工途中
施工途中


2 外壁完成状態
外壁完成状態


3 完成状態、質感を見てください
完成状態、質感を見てください。


4 雨樋は、ガルバリウム鋼板製
雨樋は、ガルバリウム鋼板製

窯業系サイディング工事2(新築)NEW

ケイミュー(株)の親水セラ材を使用。
雨が降るたびに、外壁の汚れを洗い流します。
※外壁単体の工事ではなく、屋根・雨樋も同時に工事しています。


1 透湿防水シートを張り終えた状態
透湿防水シートを張り終えた状態


2 サイディング本体の張り込み(金具留め工法)
サイディング本体の張り込み
(金具留め工法)


3 本体を張り終え、目地部分のコーキング充填の準備
本体を張り終え、目地部分のコーキング充填の準備


4 雨樋は、ガルバリウム鋼板製
外壁完成状態

金属系サイディング工事NEW

窯業系サイディングの仕上げが経年劣化で、金属系サイディングに張り替え。
既存外壁の撤去処分費用が省略でき、工期も比較的短くできる金属サイディングによるカバー工法を採用しました。


1 透湿防水シートを張り終えた状態
外壁完成状態


2 アイジー工業(株)ガルバロックi/モード1という材料で施工
アイジー工業(株)ガルバロックi/モード1という材料で施工


3 ツートン塗装のブリック柄で、タイル張りっぽい質感を醸し出しています
ツートン塗装のブリック柄で、タイル張りっぽい質感を醸し出しています

窯業系サイディングのコーキング打ち替え

窯業系サイディングのサッシ枠際や継ぎ目の目地は、コーキング材(シーリング材)を充填することで防水性を保っていますので、そのコーキング材が劣化してくると(ひび割れたり切れてしまったりすると)、防水の役目を果たさなくなり、雨漏りの原因になります。
そうなったときは、打ち替え工事が必要です。塗装工事の際に点検して行うとベストです。この工事、塗装屋さんが一括して行うことが多いですが、サイディング工事を行う当社でももちろん施工可能です


1 施工前の状態 ひび割れている
施工前の状態 ひび割れている


2 スピンカッター使用
スピンカッターという道具を使って壁とコーキングを切り離していく


3 古いコーキングを完全に取り去る
古いコーキングを完全に取り去る


4 プライマーを塗布する
プライマーを塗布する 壁との接着性を高めるため


5 マスキングテープを貼る
マスキングテープを貼る


6 コーキング打ち
コーキング打ち


7 へらで均して
へらで均して


8 マスキングテープを剥がして完成
マスキングテープを剥がして完成

本施工例では、後工程で塗装工事が入るため、コーキングの色は考慮していません。
同様の理由で、マスキングテープを貼る前にプライマーを塗布しています。
(本来は、プライマーのはみ出し防止するため逆の順番が望ましいと思います)

板金工事(破風板板金巻き)

腐食したり塗装が剥げてしまった屋根の破風、鼻隠しをカラーガルバリウム鋼板で巻く工事です。
これは、破風の形状に合わせて加工してきたものを取付けます。
(採寸、加工の写真がなくてスミマセン)
塗装し直すより耐久性がいいので、木製の破風にはオススメです。
(よく、塗装屋さんからも頼まれます!)

ガルバリウム鋼板:日新製鋼 月星GLカラー(色:ダークブラウン、厚さ:0.35mm)


1 施工前(破風の状態
施工前(破風の状態)塗装がはげ、痛みが激しい


2 施工前(鼻隠しの状態)
施工前(鼻隠しの状態)事前に雨樋は外してあります


3 鼻隠し施工中
鼻隠し施工中


4 破風施工中
破風施工中


5 施工完了(破風)
施工完了(破風)


6 施工完了(鼻隠し)
施工完了(鼻隠し)

わかりにくい写真でスミマセン!!
(クリックして拡大していただければ、なんとかみられます…)